テンピュール

優れた技術が集結した素材

1960年代にNASAがスペースシャトル計画を出し、宇宙飛行士の身体にかかる重力を少しでも緩和させるため開発された素材があり、それを一般向けに商品化させたのが今私達が手に入れられるテンピュールになります。

 

このテンピュールは正に画期的な素材と言って良いと思います、これを商品化したスウェーデンの会社は市民生活への貢献として航空宇宙テクノロジーを利用したことからNASAによって表彰を受けることになったらしいです。

 

「体圧分散」がテンピュールの最大の特徴と言えると思います。

 

この機能は素材が体温と体重を感知して形に合わせて沈んでそれが身体を支えるというものです。

 

細胞構造を持ち合わせている特殊粘弾性ポリウレタンフォームと言う構造になっていて身体の凸凹の形に沿って連続気泡構造のテンピュールが形状を変化させることで、身体全体に体圧を分散させるというものなんです。

 

この働きで身体にかかる負荷が相当軽減されることにより心地よい眠りに導いてくれるようになっています。

 

どんな身体の形であってもその形に反応しますので理想的なS字の背骨ができるようになるそうです。

 

使用後マットレスから身体が離れれば体圧が無くなり素材は元の形に戻ります。

 

またテンピュールは水洗い出来ないために抗菌処理がしっかりされているそうです。

 

耐久性については抜群で一般家庭用の寝具だけではなく介護や医療現場でも大変役立っているそうです。

 

テンピュールはこのように優れた技術の集結で生み出された素材だったんですね。